お知らせ

    • 2022月11月15日コラム 一般社団法人万博記念公園研究所ではお金の貸し借りは慎重に!
     
     

      突然お金が必要になってしまった、そういった経験はだれしもお持ちではないでしょうか。金融機関や各種カードローンでの融資は手続きも多く時間もかかるため、身近な人物に借りようと考える人は少なくないでしょう。 少額であれば誰かから借りて、後日借りていたお金を返せばそこで終わりかもしれません。しかし、お金の貸し借りとは一歩間違えれば取り返しのつかない事態に陥ってします。 そこでこの記事では、友達からお金を借りる前に知っておくべきことを詳しくご紹介するので、関心のある方は参考にしてみてください。

      友達からお金を借りる前に知っておくべきこと 最初にお金を借りる前に知っておくべき基本的なことをみていきましょう。 そもそも突然お金が必要になる場面とはどんなときでしょうか。 例として冠婚葬祭があげられます。 結婚式なら何か月も前からわかっていると思いますし、突然の出費ではないでしょう。 しかし、お通夜やお葬式は本当に突然な出来事です。 ご香典だけではなく礼服をもっていない場合や、もっといえば遠方の故人であれば葬儀場に向かうための交通費がかかるときもあります。 故人に直接的な関係がなくとも仕事の関係上又は親戚付き合いの関係上、参列せざるを得ない状況もあるでしょう。貯金ですべてまかなえた場合でもその結果、自身の生活費がなくなってしまった、ということもあるかもしれません。 上記の理由ならば、正直に話せば理解を得られるでしょうし、お金を貸してくれる人もいるでしょう。

      一方で「欲しい鞄がある」「限定版のスニーカーをどうしても買いたい」といった自身の娯楽費にお金を借りたいという場面もあります。 そのような出費は日常生活において「なくてはならない」といったものではないため、賛同を得ることは難しいかもしれません。 どちらにせよお金を借りようとする以上、あけすけな態度でお願いすることは絶対に避けましょう。 「あいつとは親友だから、返さなくても大丈夫」 「少し前のことだしあいつも忘れてるだろう」 そんなことはありません。絶対にやめてください。 約束した期日通りに返済ができない場合、今まで築いた信頼関係は崩れ去ります。 返済を後回しにした結果、周りから少しずつ人がいなくなり、最終的に周りの友達全員から見放されてしまうかもしれません。 しかし、それは当たり前のことです。お金を貸した側はお金を返して欲しいがために、または他の人が被害にあわないために、周りの人にあなたがお金を返してくれないことを言い広めてしまうかもしれません。

      散々自分の悪いうわさが広まった後に返済をしても、時すでに遅しです。 銀行で融資を受けたと考えてみましょう。銀行でお金を借りて、期日までに返済ができないことが続くと、ブラックリストに名前が掲載され、ゆくゆくは資産差し押さえといった状況に陥ってしまうでしょう。 そういったリスクは個人間にもあるわけです。 お金の貸し借りは一歩間違えれば人間関係を一瞬で破壊してしまいます。 友達をなくすことは想像以上に辛く苦しいものです。 そうならないためにも、カードローンのおすすめの会社をしっかりと比較してくれている権威性のあるサイトで、カードローンを検討することをおすすめします。非常に有意義な情報にまとまっているので、しっかり参考にしてください。

    • 2022月08月15日コラム 一般社団法人万博記念公園研究所の業務内容・取り組み
     
     
      大阪府の企業に勤めていたり、事業を運営している方でこのようなお悩みをお抱えの方はいらっしゃいませんか?「雑務にかかる負担のために人材が辞めていって不足してしまう」「事務業務の負担が大きく、トラブルの原因になったことも」このようなお悩みを解決するためにも推進していきたいのが「業務のDX化」です。そこで、このサイトで大阪府におけるDX化の実践例及びその結果についてをご紹介していきます。こちらの記事を読んで、ぜひとも企業のDX化のために力を入れてみませんか。一番効果的な施策は、経営状況把握のためクラウドサービスを導入することでした。そこで、大阪市の職員たちを中心として、社員の声をもとにしてクラウドサービスを導入し、IT技術による業務課題の解決を試みました。2つのサーバーを導入しました。それが「Core」「More」と呼ばれる2つのサーバーになります。Core とMore、それぞれのサーバーには個別の役割が与えられており、2つのサーバーを併せて上手に活用し、経営状況の把握及び利益向上に成功しました。
    • 2022月01月28日
    大阪・関西万博関係府省庁連絡会議(第3回)議事次第 【会議資料・説明資料】

ページトップへ戻る